8月 2017

CMソング今昔記①


TVやラジオなどのCMを彩るCMソング
その移り変わりについて備忘録と記していきたいと思います。

なぜそんな事を思い立ったのかと言うと…
昔のローカルCMソングについての取材を、ある有名地方紙(新潟日報)から打診されたからです。

35年以上前の話しですから、記憶の整理しなければいけない訳です。

まず、わたしがこの業界の仕事をし始めた頃を思い出してみます。
新潟には録音出来るような商業音楽スタジオはありませんでした。もちろん音楽の業界にコンピューターが使われるのはずーっと後です。
つまり音楽制作物を作ろうと思ったら東京などの大都市に行かなければ無理だったわけです。

その頃のわたしは夜の街でプロバンドやラウンジピアニストのようなことをしていました。(笑)
ある日知り合いの先輩ミュージシャンから制作プロダクションを作るので手伝わないかと誘われました。
二つ返事で参加させてもらうことになりCM音楽制作会社としてスタートしました。
小さいながらも音楽スタジオを作り、社長の人脈や時代の景気にも乗り、仕事は少しずつ増えました。
その頃丁度TV-CMがフィルムからビデオへと変わり、低予算でも動画のCMが作れるようになり音楽の需要も高まったのです。
信じられないでしょうが、それ以前のCMは絵は動かず単調で、音も驚くほど良くなかったのです。
ですが、それが味のあるCMとして皆さんの記憶に残っているのでしょう。

次回はその頃の制作現場レポートをしたいと思います。

つづく


Comments